ロシアワールドカップ開幕直前 勝負の分け目 グループA ロシアVSサウジアラビア

ロシアワールドカップ開幕直前 勝負の分け目 グループA ロシアVSサウジアラビア

ロシアワールドカップ開幕直前 勝負の分け目はどこにある?

「日本代表、大丈夫なのかな???」
そんな日本代表もワールドカップ6度目の出場。前回大会までと違い受け取る印象や出来事に違和感を覚えます。(覚えませんか?)
それは、さておき、サッカー協会は、ワールドカップで勝つ確率を1%でもあげたいと言い監督交代を断行し。チームは、大会2ヶ月前に監督が変わり、本番に向けて準備を進め、選手は口々に危機感を唱え、テストマッチ3試合もチームとしてのチューニングとして捉え、期待感に変わる要素は少ないようにみえる。そしてメディアは、毎回、表面的な要素(誰々が活躍した)サッカー的な要素を交えた情報を発信しているが、概ね、不安要素をトレースし、情報にしているように思います。

この違和感は、どこから湧いて出たのか?情報は、共通して不安、問題・欠点を指摘しており、前回大会まで感じた、期待というエッセンスは、あまり感じ取れない。ここまで、全体的にネガティブな要素が多い情報を受け取ったことで、他国はどのように発信しているのだろうか?その違いから勝負の分け目を見出したいと考えています。

各国が背負う過去と未来は何か? 開幕戦 2018.06.14 グループA ロシアVSサウジアラビア

開幕戦 2018.06.14 ロシアVSサウジアラビアをピックアップ

ロシアは、2008年に成し遂げたユーロ2008の事を覚えています。
当時、ユーロ2008、ロシアは監督にオランダ人のフース・ヒディンクが就任し、チームの大黒柱アルシャビンを擁しベスト4に進出しました。

サウジアラビアは、2030年までの経済改革計画「ビジョン2030」に向けて、サッカーも熱を入れていると国の後押しを受けている背景である。
昨シーズンは、スペインリーグにサウジアラビア選手を送り込み強化したりと貪欲に強化してきていることが伺えます。

ロシア代表選手とサウジアラビア代表選手は、何を伝える?

現代表のヒョードル・クドリャショフDF(ルビン・カザン)は、次のように言っています。
『私は念願のワールドカップがロシアで開催されるということに喜び震えています。
チームのことを信じて勝利を希望する人たちがいます、そんな彼らのためにプレーをする価値があります。
同時に、少しだけ憂鬱さを感じます。2008年のあの成功を繰り返すことができるのかと。どうしてかって?確かに可能性を持っています。そのために、信じることと、200%,300%以上の力を出せるように準備する必要があるのです。
時には批判をたくさん受けるけど、自分自身だけでなく、多くのファンに私たちが成功することを証明する希望がある。
(Ожидаю ЧМ-2018 с трепетом, потому что он пройдет в России. Есть люди, которые искренне верят и надеются на нас, ради них и стоит играть. В то же время чувствую небольшой мандраж. Способна ли сборная повторить успех 2008 года? Почему нет? Конечно способна. Нужно верить, готовиться и выкладываться на все 200-300 процентов. Есть огромное желание доказать не только себе, но и большинству болельщиков, что мы можем добиваться успехов и что порой нас зря смешивают с грязью,
)』

引用:https://news.sportbox.ru/Vidy_sporta/Futbol/world_cup/spbnews_NI859997_Fedor_Kudrashov_Sbornaja_Rossii_sposobna_povtorit_uspeh_2008_goda

現サウジアラビア代表のヤーセル・アル=モサイレムGK(アル・アハリ)は、次のように言っています。
ギリシャ戦・アルジェリア戦とあまり良くなかったが、ここからチームとして改善し、開幕に向けて準備するだけです。
“There is no doubt the game against Greece will be a step up in difficulty and they will be tougher than Algeria,” Yasser Al Mosailem, the Al Ahli Jeddah goalkeeper, told reporters. “For sure, we will try to play a little different because the first half against Algeria was not at the level we wanted. We know what we must improve though, so we only need to follow the instructions of the coach and work to achieve a better result.”

引用:https://www.thenational.ae/sport/football/saudi-arabia-s-world-cup-preparations-continue-with-friendly-against-greece-in-spain-1.730505

ロシア代表監督とサウジアラビア代表監督は、何を想う?

現ロシア代表監督のスタニスラフ・サラーモヴィチ・チェルチェソフは、次のように言っています。
『私は誰のことも心配する必要がない。なぜなら、ワールドカップの初戦までまだ9日もあり、十分な準備期間があるからだ。
気にかけることがあるとすれば、チームというのは競争するものであることでしょう。しかし、ワールドカップという特別な日に選ばれた選手がプレーをするということを忘れてはいけない。そして、選手たち全員をまんべんなく使う。これは選手たちを検証するためではない。また、我々はゲームの練習を行い、選手を良好な状態に保つように努める。
(If we compare matches against Turkey and Austria, then the Russian team in both cases simply did not have the last qualitative transfer. But with Turkey, we still moved the ball better, more compact and fresher, but we need to correct the moment with the last transfer.
I call on no one to worry, because we still have nine days before the first match at the World Championships, and we have enough preparation time. If you paid attention, then the team is the team where there is competition, but you do not have to forget about the form in which a particular football player can be on a specific day. And if we try to use the whole clip of players, it’s not because we want to experiment, we also give game practice and try to keep players in good tone,
”,
)』

原文:Если сравнить матчи против Турции и Австрии, то у сборной России в обоих случаях попросту не было последней качественной передачи. Но с Турцией все равно мы передвигали мяч качественнее, компактнее и свежее, однако момент с последней передачей нам нужно поправить. Призываю никого не волноваться, ведь у нас еще есть девять дней до первого матча на чемпионате мира, и времени на подготовку достаточно. Если вы обратили внимание, то сборная – это та команда, где есть конкуренция, но и не нужно забывать о форме, в которой конкретный футболист может находиться в определенный день. И если мы стараемся всю обойму игроков задействовать, то это не потому, что мы хотим экспериментировать, мы также даем игровую практику и стараемся держать игроков в хорошем тонусе,

引用:https://apnews.com/24b2a4fc8acd4d47943d7af8b1a5c6f1

現代表監督のフアン・アントニオ・ピッツィ(JUAN ANTONIO PIZZI)は、次のように言っています。
『サウジアラビアはワールドカップを恐れることは何もない。』と言っています。

「我々には、すべての可能性が提供されており、開幕に向けて技術的にも準備が整っている。明日の試合は、公的支援のような強力なテストだ」

「彼らはあらゆる点で理想的なレベルに達したが、今までに出たことはなかったが、彼らは決勝トーナメントでプレーし、優れた優位性を達成し、サウジ代表チームとしての強いプレゼンスを持つだろう」

(Juan Antonio Pizzi says Saudi Arabia have nothing to fear at World Cup”,
)』
英文:”All the possibilities have been provided and we have been technically prepared to be very present at the opening. The match for tomorrow is a strong test that may be similar to public support.”

“They have reached an ideal level in all respects, but despite their lack of participation, they have played in the last rounds of the tournament and have achieved excellent advantage and will have a strong presence with the Saudi national team,”

原文:أضاف مدرب المنتخب السعودي “تم توفير كافة الإمكانيات وتم الإعداد فنيا بالشكل المثالي لنكون حاضرين بقوة في الافتتاح، أما عن مباراة الغد فهي اختبار قوي ربما تتشابه في الدعم الجماهيري”.

وعن جاهزية اللاعبين المحترفين الذين لعبوا في الدوري الإسباني خلال الموسم المنقضي، قال بيتزي “إنهم وصلوا إلى مستوى مثالي من جميع النواحي. رغم قلة مشاركتهم لكنهم لعبوا في الجولات الأخيرة للبطولة وحققوا فائدة ممتازة وسيكون لهم حضور قوي مع منتخب السعودية”.

引用:http://www.arabnews.com/node/1318756/sport
http://sport.ahram.org.eg/News/324593/0.aspx

まとめ(totoを購入するヒントに)

どちらもチームとしての成熟度は疑問点です。
ロシアは、ユーロ2008の呪縛からナーバスに。一方サウジアラビアは、後ろ盾があるものの、プレッシャーが薄い雰囲気です。

勝負の分かれ目

共に堅くゲームプランを進めるにあたり、開催国のアドバンテージを利用し勢いに乗れるか?サウジアラビアは、勢いを削ぐことが出来るがポイントだと考えました。

まとめ

1ヶ月にも及ぶワールドカップですが、観戦の楽しみをtotoで1つ加えてみませんか?