エミリアーノ・サラへ捧ぐ

エミリアーノ・サラへ捧ぐ

行方不明から3日で捜索は打ち切りに。

ナント所属のFWエミリアーノ・サラがプレミアリーグへの移籍のためにフランスから英国へ向かう途中で消息不明となった。
行方不明から80時間が経ち、現地警察が「生存の可能性は限りなく低い」という声明を発表し、捜索が打ち切りになってしまっている。

それに対し、ナントのサポーターやチームメートをはじめ他チームの選手たちからも、飛行機の捜索再開を求め、多くの寄付金が集まっている。

各チームの選手からも捜索を続けるように声が上がっている。

【リオネル・メッシ:同じアルゼンチン出身】
「可能性が少しでもある限り、希望は捨てるべきではない。エミリアーノを探し続けてほしい。お願いします」

【セルヒオ・アグエロ】
「捜索を中止しないでもらいたい」というハッシュタグをSNSで発信。

【ディエゴ・マラドーナ】
「私もなんとか彼を支えることができないかと思っている。サラの家族と、友人たちに祈りを」

サラが所属していたナントのヴァイッド・ハリルホジッチ監督も2000ユーロ(約25万円)を寄付。

ナントのホームページからエミリアーノ・サラへメッセージが送れます。


ナントフットボールクラブの公式

追記

3日にイギリス海峡の海底で小型飛行機のクッションなどの残骸がガーンジー島で確認された。
残骸から回収された遺体はポートランド島に運ばれましたが、識別に関する詳細は発表されていません。

情報参照:
FCナント
GAOL