ウサイン・ボルト最速”引退” ビジネスマンへ転向か

ウサイン・ボルト最速”引退” ビジネスマンへ転向か

”it was fun while it lasted”(それが続いている間それは楽しかったです)

オリンピック金メダリストのウサイン・ボルトはプとサッカー選手をあきらめて別のステージに立つことを発表。
オーストラリアのクラブに所属し、親善試合にて2得点を挙げたものの、彼自身は最適な対応を受けることができなかったため、双方の合意のもと正式な契約に至りませんでした。

また、10月にマルタ側のバレッタからのオファーを断り、プロのフットボール選手になるという彼の夢を終わらせることを決心しました。

Embed from Getty Images

ビジネスに進んだ選手たち

[アンドレス・イニエスタ:ワイナリー]
Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはMF。
1999年に10ヘクタールのブドウ園のプランテーションでこのプロジェクトを始め、今では300ヘクタール以上のブドウ畑に。
イニエスタは現役サッカー選手としてプレーをしながら、ブドウ畑からその商業化までの全ワインの製造プロセスを担当しています。

[ライアン・バートランド:ブローカー]
イギリス代表。サウザンプトン所属。ポジションは左サイドバック。
2015年に元チームメイトのジョンテリーと共に、小売業者向けに機関レベルのツールを提供するテクノロジーに焦点を当てたFintechの証券会社Silicon Marketsを設立。

[マシュー・フラミニ:バイオケミカル]
元アーセナル、現ヘタフェ。ポジションはMF。
自らが設立したエネルギー会社「GFバイオケミカル」の代表取締役として、新エネルギーのレブリン酸を大量生産する技術の開発に成功。この事業は200億ポンドの価値があると報じられている。「私はいつも自然に近く、環境問題、気候変動、そして地球温暖化について心配していました」

情報参照:
GOAL
90min